予防歯科 | 代々木・北参道の歯医者【神宮外苑かさはら歯科】

予防歯科

自分の口の中を知ろう

1本目の歯を失うと、2本目、3本目と歯を失う速度は加速度的に増します。
歯は、自分自身での回復力がなく、口腔内は最も細菌にさらされている器官です。
口腔内を知ることで予防・改善できることも多々あります。
患者様ひとり一人状況はで異なります。一緒に口腔内を清潔にしていきましょう。


痛くなる前に予防

冒頭でお話ししたような、お口のトラブルの原因を作らないように予防をしっかりしていくのが予防歯科です。予防歯科では、口腔内チェック、虫歯・歯周病の検査、定期清掃、歯磨き指導などの検査をおこないます。虫歯や歯周病などの予防だけではなく、症状の進行に応じた処置も含め、口腔内全体をより良い健康状態に保っていただくことができます。

8020運動

これは、80歳という長寿にして20本以上の健康な歯を維持し、健康的な日常生活を送ろうという運動です。健康な歯が20本あると、たいていの物が噛めるということから8020というキーワードで呼ばれるようになりました。20本以上の歯をもつ高齢者は、それ未満の方に比べ活動的で、寝たきりになることも少ないといわれています。

いつまでも健康な歯でいるために、日頃のメンテナンスを大切に。

当院の考えるインプラント予防~インプラント治療の重要な意味~

事故や歯周病などで歯を一つでも失ってしまい、抜けた歯をそのままにしておくと 残っている周りの健康な歯が抜け落ちた歯をサポートしようと動き、周りの健康な歯にすごく負担がかかります。このような状態で生活を続けることによって、気づかない間にどんどん健康な歯が弱っていき、最終的には抜け落ちる可能性があるのです。 そして、さらに抜け落ちた部分に、他の健康な歯がサポートしようと悪循環が始まるのです。この悪循環から抜け出すために、インプラント治療を行い予防をするのです。


ページトップへ


Copyright 神宮外苑かさはら歯科. All rights reserved.